チーズフォンデュ鍋

チーズフォンデュ鍋お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

チーズフォンデュ鍋

このページは「食材として欠かせないチーズ 」の情報コンテンツです。
チーズフォンデュ鍋 > 食材として欠かせないチーズ

豆知識

食材として欠かせないチーズ

チーズは、イタリアやフランスでは紀元前から作られていたと言われ、古くから欧米の文化には欠かせない食品の一つです。日本でもピザや、グラタン、チーズフォンデュなどチーズを使った料理を手軽に家庭で食べています。

1,000種類以上の世界のチーズ

私たちはスーパーやデパートに行くと、いろんなチーズを見ることができます。モッツァレラ、カマンベール、ゴルゴンゾーラ、といった世界各国のチーズを買うことができます。しかし、産地だけで消費されたり、法制上の規制によって輸入できないものなど、世界にはまだまだ数多くのチーズが存在します。

フランスは「ひとつの村にひとつのチーズ」と言われるほどチーズの種類はバラエティ豊かです。フランスだけでも500種類近くあるそうです。最も古くからチーズを作っているイタリアにも300種類以上のチーズがあります。さらに、他のヨーロッパ諸国やアメリカ、オーストラリアなどの世界中のチーズを合わせると1,000種類以上と言われています。

ナチュラルチーズとプロセスチーズ

チーズは大別すると、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類に分類されます。原料となる乳を乳酸菌や酵素で自然に熟成させたものがナチュラルチーズです。そのナチュラルチーズを加熱して溶かして、乳化させてもう一度固めたものがプロセスチーズです。プロセスチーズは、保存性が高く、品質が安定しています。日本では戦後このプロセスチーズがアメリカを通じて普及し、国内でも大量生産されるようになりました。日本人になじみのあるチーズです。

生きているナチュラルチーズ

乳酸菌やカビなどの生きた菌を利用して熟成させるナチュラルチーズは、毎日変化していく、生きている食材です。日本の味噌や醤油と同じように、微生物が乳の中で活動して発酵させていくので、チーズは毎日変化しています。そのため、ナチュラルチーズには、大きさや形、菌の種類によって異なる食べ頃の時期があります。同じチーズでも熟成された期間によって味やにおいが変わります。それぞれの性質を知れば、自分好みのチーズを見つけることができるでしょう。

チーズフォンデュ鍋 激安通販