チーズフォンデュ鍋

チーズフォンデュ鍋お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

チーズフォンデュ鍋

このページは「チーズの上手な保存方法 」の情報コンテンツです。
チーズフォンデュ鍋 > チーズの上手な保存方法

豆知識

チーズの上手な保存方法

チーズを最後まで風味を落とさずに食べきるためには、保存法が大切です。チーズは本来、温度と湿度のバランスで熟成させているので、日光にさらさない、高温にしない、乾燥させないことが大切です。

冷蔵庫の野菜室で保存しよう

基本はやはり冷蔵庫での保存です。冷蔵庫の中でも湿度が高い野菜室を利用するといいでしょう。空気に直接触れないようにラップやホイルで密封したり、水を含ませた野菜の葉と一緒に密封容器に入れて保存するのもいいです。冷温で乾燥させないことが重要です。

わさびと一緒に保存

わさびの殺菌効果を利用して、チーズを日持ちさせることができます。生わさびを水の入った容器にさして冷蔵庫に入れます。そのわさびの近くに乾燥を防ぐために密封したチーズを置いておくだけです。ただし、わさびの水は毎日替えるようにしましょう。

あまりおすすめできない冷凍保存

一般的にチーズは、冷凍保存すると舌触りが風味が落ちます。なるべくなら買ってから一週間くらいで食べきるのがベストで、冷凍保存はあまりオススメできません。ただし、やむを得ない場合は、1回分ずつに分けて冷凍し、食べるときに冷蔵庫に移して自然解凍しましょう。熟成を止めたい場合は、冷凍保存も有効です。クリームチーズのようなフレッシュタイプは冷凍保存に特に向かないので、早めに食べるようにしてください。

加熱して料理に

固くなったり、カビが生えたりしたチーズは味が落ちているので、そのまま食べてもおいしくありませんが、捨てなくても二次利用できるのがチーズのすばらしいところです。カビの部分は切り落とし、固くなった部分はすり下ろして、パスタやスープに入れます。他にもグラタンや料理など加熱するチーズ料理の隠し味として、十分活躍してくれます。

チーズフォンデュ鍋 激安通販