チーズフォンデュ鍋

チーズフォンデュ鍋お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

チーズフォンデュ鍋

このページは「7種類のナチュラルチーズ 」の情報コンテンツです。
チーズフォンデュ鍋 > 7種類のナチュラルチーズ

豆知識

7種類のナチュラルチーズ

ナチュラルチーズは、全てのチーズの元となるフレッシュタイプ、白カビに覆われた白カビタイプ、内側に青カビのある青カビタイプ、熟成中に表面を洗うウォッシュタイプ、山羊乳から作られるシェーブルタイプ、水分を取って固くするセミハードタイプ、セミハードタイプよりも固いハードタイプ、と製法や原料によって7種類に分類されます。

フレッシュタイプ

熟成させない生のままのフレッシュタイプは、水分が多いのでやわらかく、軽い酸味とさわやかな風味が魅力です。低脂肪のカッテージチーズや、牛乳とクリームを固めて仕上げたクリームチーズなどがよく知られています。

白カビタイプ

白カビタイプを代表するカマンベールなどの伝統的な製造方法は、できたてのグリーンチーズに白カビの胞子をスプレーして熟成させます。熟成が進むにつれて微生物が作り出す酵素によってタンパク質が分解され、香りを強く放ち、表面はオレンジ色っぽくなります。白カビは表面に繁殖することで、チーズは濃厚でとろけるような味になります。

青カビタイプ

チーズ一面に広がる青カビは、腐ってるのではないかと心配になるほどですが、この青カビこそがチーズに深みを与えています。ブルーチーズとも呼ばれるこのタイプのチーズは、ペニシリウム・ロックフォルティという青カビを植え付けて、刺激的な香りと塩味のきいた風味を生み出します。

ウォッシュタイプ

一般的に表面はオレンジ色をしており、強烈な香りが特徴です。この香りは微生物の発酵によって作り出されます。表面を洗うことで塩分が浸透して新陳代謝を促すことから、ウォッシュタイプと呼ばれます。

シェーブルタイプ

シェーブルタイプは山羊の乳から作られます。牛乳からできるチーズよりも古くから作られていたようです。山岳地帯で生活する山羊は栄養分の凝縮した牧草を食べるので濃厚なこくのある乳を生み出します。

セミハードタイプ

フレッシュタイプのチーズは、乳を凝乳(カード)してからゆっくりと乳清(ホエー)という水分をきっていきます。これに対して、セミハードタイプはカードを細かく切って、温めながら撹拌します。さらにプレスして水分を排出して固めのチーズに仕上げます。水分が少ないので保存性が高く、プロセスチーズの原料としても使われます。最も有名なゴーダは、まろやかでくせのない味わいが日本でも大変人気です。

ハードタイプ

セミハードタイプよりも、カードの撹拌のときの温度を高くして、さらに強くプレスしたのがハードタイプです。長期保存に適していて、熟成期間が長くなればなるほど味に深みが加わるのが特徴です。ハードタイプの代表としては、パルミジャーノレッジャーノがあります。

チーズフォンデュ鍋 激安通販